ビタミンB6 – 覚えておきたい疲労回復成分

ビタミンB6

「疲れ」や「疲労」は、人間の身体が出しているサインです。これ以上頑張るとちょっとマズいよと、身体が教えてくれているのです。疲労や疲れを解消するのには睡眠や休養を取るのが一番ですが、回復を促すのに役立つ成分があります。

これらの成分を、なんとなくでも覚えておけば、「疲れすぎ」や「疲れが抜けない」といった状態になることなく、すみやかな回復を促すことが出来ます。

ビタミンB6は、そんな覚えておきたい疲労回復成分のひとつです。この記事ではビタミンB6の働きについてご紹介しています。

スポンサーリンク
336




ビタミンB6

ビタミンB6は、人間の身体の中で食べ物からエネルギーを取りだす代謝という働きを助けてくれる成分です。エネルギー代謝が低下し、エネルギーが不足すると疲れを感じる状態になってしまいます。

疲労を感じないようにするには、充分なエネルギーが必要で、そのためにビタミンB6はとても重要な働きをしており、100以上のさまざまな「代謝」に関わっていると言われています。

倦怠感を感じたときに摂りたい成分

特に「だるさ」や「倦怠感」を感じる時には積極的に摂りたい成分のひとつで、ビタミンB6が不足すると手足のしびれや神経痛、目の充血、口内炎、ニキビ、肌荒れなどの症状が出てきます。

セロトニンの分泌にも重要なビタミンB6

また、ビタミンB6は脳内で分泌される「幸せ物質」セロトニンの合成に必須の成分で、トリプトファンと一緒に摂取することで、セロトニンの正常な分泌に役立ちます。

精神の安定に重要な役割を果たしているセロトニンが正常に分泌されることで、ストレスへの耐性が高まり、自律神経の働きを整えてくれるなど、夏バテにお悩みの際にも積極的に摂りたい成分のひとつです。

ビタミンB6を含む食べ物

  • かつお
  • まぐろ
  • さけ
  • さば
  • さんま
  • 牛レバー
  • バナナ
  • にんにく
  • かぶ 
  • 鶏ささみ など

ビタミンB6を含むサプリメント