書籍『深い疲れをとる自律神経トリートメント』は、ストレスマネジメントのプロが東洋医学の観点から説く、実用的な疲れ対策!

「深い疲れをとる」と謳う本を見かけました。なんて魅かれるタイトル・・・。

■深い疲れをとる自律神経トリートメント:https://a.r10.to/hfrQ0M

内容情報を読んでみますと、最初に書いてありますのが、、、

年中だるい人に、朝すっきり起きて機嫌よく働くための方法、教えます!

うわ! 教えてほしいです!

朝すっきり起きられない、年中だるい、肩がこる、休んだ気がしない、めまい、肩こり、頭痛、そんな症状が常に起こって、だらだら続くなら

だいたい当てはまってます…orz

これは、中味が気になります!

スポンサーリンク
336




まずはレビューをチェックしました!

いくつかレビューの投稿がありまして、コチラが分かりやすかったです。

自律神経について書かれた本は最近多いが、この本では東洋医学に基づいて説明されている。非常にわかりやすく経絡やツボのなどを使ったメンテナンス法など参考になる内容が沢山です。良書です。

ほうほう、東洋医学にもとづいているんですね!

面白かった!!東洋医学の本とは知らずに手を取ったけど、東洋医学ってなんか引き込まれるものがある。日常に取り入れるまでがなかなか大変だけど、簡単なものばかりなので習慣にしたいなぁと思った。

日常に取り入れるまでが大変だけど簡単なモノ、っていうのに想像が膨らみます。

陰と陽の話から始まり、気血水の話、経絡について、5つの臓の話、などなどわかりやすくかつ丁寧に書かれています。自律神経についての本は他にも読んだことはあり、やはり総じて、よく寝て、よく食べ、姿勢を正し、深く呼吸し、なところは必要事項として共通して書かれているけど、これはさらに東洋医学の知識を交えて理屈から書かれているので実行するにもより効果を得られそうだなーと思いました。

読みながらやってみた中で、顔のむくみとりのツボ、頭のツボ押し、目のツボ押し、は即効性があってパァーっと気持ちよくなりました♪ ただ押すだけではなく、陰陽に基づいての押し方まで書かれているのでなんだか効果が出そうな感じです。

自律神経を治す裏技的なことを期待するとちょっと違います。簡単なツボ刺激や、ストレッチの方法がコンパクトにまとまっています。

なるほど、かなり実用的な内容が分かりやすく書かれていそうです!

ストレスマネジメントのプロが説く「自律神経トリートメント」

内容情報のところにこんなことが書かれていました。

ストレスマネジメントのプロが教える疲れのサイン、見つけたらすぐ、自律神経トリートメントを始めよう。

ほほう! とても効果ありそうです!

でも、ストレスマネジメントってなんなんでしょうか? ストレスもマネジメントも聞いたことありますが、「ストレスマネジメント」は初めて聞いたので、ちょっと調べてみました。

■e-ヘルスネット ストレスマネジメント:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/tobacco/yt-049.html

ストレスマネジメントでは、ストレスがかかったときの対処法(コーピング)やストレスに対する認知の変容を中心に指導をしていきます。

『ストレスとの上手な付き合い方を考え、適切な対処法をしていくこと』ということで、想像から大きく外れていることもありませんでしたが、【上手な付き合い方】というところが気になります。

たしかに、現代の競争社会だったり、スマホやパソコンや便利なモノに囲まれれば囲まれるほど、ノーストレスで生きていくのは難しそうです。

なら、いっそストレスへの対処法を身につけましょうねってことなんでしょうね。

そのストレスマネジメントのプロが書かれているのなら、たしかに読んで身に付けたくなりました。

内容情報で公開されてた目次の内容も、どれも気になるモノばかりです。

  1. 疲れのサインはこんなところにあらわれる
  2. 体調をととのえる自律神経トリートメント
  3. ストレスがたまったときの自律神経トリートメント
  4. ビジネスマンのための自律神経トリートメント
  5. 女性のための自律神経トリートメント
  6. 赤ちゃんと子どものための自律神経トリートメント
  7. 不調を改善するための自律神経トリートメント

「深い疲れをとる自律神経トリートメント」はコチラで買えます!

「深い疲れをとる自律神経トリートメント」は下記の楽天サイトで購入できます。

今日から、機嫌よく、さくさく動いて働くためのプロの技、あなたにこっそり教えます!

とのことで、気になる本です!