ビタミンB1 – 覚えておきたい疲労回復成分

ビタミンB1

「疲れ」や「疲労」は、人間の身体が出しているサインです。これ以上頑張るとちょっとマズいよと、身体が教えてくれているのです。疲労や疲れを解消するのには睡眠や休養を取るのが一番ですが、回復を促すのに役立つ成分があります。

これらの成分を、なんとなくでも覚えておけば、「疲れすぎ」や「疲れが抜けない」といった状態になることなく、すみやかな回復を促すことが出来ます。

スポンサーリンク
336




ビタミンB1

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するときに体内で必要とされる成分です。ビタミンB1が不足すると、ごはんやパンなどを食べても充分にエネルギーに変換されないので疲れやすくなってしまいます。神経や筋肉の働きを助けるので、肉体疲労・肩こり・倦怠感・眼精疲労などの症状から回復させてくれる働きをしています。

また、脳内で使われるエネルギーもビタミンB1が不足するとブドウ糖から充分なエネルギーが作られず、記憶力の低下や情緒の不安定、うつ病などを引き起こす場合があります。

疲れ対策

このように、ビタミンB1には心身の働きを正常に保ち、「疲れすぎ」「疲れが抜けない」などの状態を防ぐのに重要な役割をしている成分です。

また、ビタミンB1はビタミンAなどと違って水に溶ける水溶性ビタミンなので、体の中に蓄積されず、不足しやすいという性質があります。

夏バテに効果があると言われている「ウナギの蒲焼」なども、ビタミンB1が多く含まれており、その働きが夏バテなどの疲労状態からの回復に役立っています。

「疲れやすい」「疲れが抜けない」などでお悩みでしたら、毎日の食事やサプリメントに取り入れて、疲れを貯め込まないように摂取することを心がけてください。

ビタミンB1を含む食べ物

ビタミンB1を含むサプリメント